骨

鼠径ヘルニアや側弯症に悩んでいる人必見の情報が満載!

予後も快適に過ごすために

鼠径ヘルニア、いわゆる脱腸は手術しか治療法がありません。また側弯症も同様に、手術が一番の改善方法になります。どの病も治療方針がしっかりしている病院にて治療することで、再発もなく快適に過ごすことができます。

新着情報

患者から親しまれている病院の特徴

no.1

手術の実績が豊富

様々な病に沿った手術を行なう病院は決まって医師の技術力が高く、鼠径ヘルニアや側弯症の症状を大変理解しています。この知識と実績が患者の信頼を得るきっかけになるため、全国から沢山の患者が足を運んでいます。

no.2

セカンドオピニオンができる

患者の権利を一番に考える病院は、他の医師の意見を聞くことに大賛成なので、手術内容や診断に納得がいかない時に利用されています。治療法の幅を広げるならセカンドオピニオンで第三者の意見に耳を傾けてもいいでしょう。

no.3

患者の医師を尊重している

側弯症にしても鼠径ヘルニアにしても、どのような症状に悩まされているのか深く追求し、十分な情報を得た後治療方針を決めていきますが、患者から信頼されている病院はこの辺がしっかりできているため、患者が絶えません。

手術の基本的な流れ

まずは問診から

鼠径ヘルニアの初期段階だと、指で小腸を押せば引っ込みますが手術せずに放置すると、不快感と痛みが同時にやってくるので医師の問診で腸の出方や症状の進み具合をチェックし、手術の日程を決めていきます。

続いて術前の検査

安心安全に手術をして頂くために、血液検査を始め脳検査や心電図、レントゲンなどの身体検査を行ないます。何も異常がなければ鼠径ヘルニアや側弯症の手術を行っていきます。

術後のケア

手術の後は、全身の状態を安定させるために数日間入院をします。ただ鼠径ヘルニアの手術は傷も小さく患者に与える負担が小さいので様々なケアが必要な側弯症よりは2.3日早く退院できます。

安心できる治療環境

病院

鼠径ヘルニアの手術方法

内視鏡を使った手術では、ヘルニアが脱出している穴にメッシュのシートを敷き、塞いでいくというものです。通常、鼠径部分を切開して治療をしますが、穴をめがけて内視鏡を当てるため傷が大きくなる心配はありません。

側弯症の手術方法

背骨が曲がってしまういわゆる側弯症は、椎体の部分を固定しまっすぐにするという手術内容です。脇腹を切開した後、椎体と椎間板の切除を行ない出来た空洞へ患者の骨を加工したケージを設置します。すると側弯症の症状にある背骨の曲がりを改善することができます。

[PR]

幹細胞治療の専門医院☆
アクセス方法を事前にチェック! 更年期の症状はエクオールを!
身体の悩みを撃退☆

[PR]

広告募集中