種類がある|鼠径ヘルニアや側弯症は手術で辛い症状をなくせる
骨

鼠径ヘルニアには二つのタイプが存在する

種類がある

お腹

内鼠径ヘルニア

鼠径の後ろから小腸が飛び出てしまうのが内鼠径ヘルニアです。40代から60代の中高年男性によく見られる症状の一つで、手術を行えば大体は完治します。

外鼠径ヘルニア

小さい子供から大人まで幅広い人が発症する一般的なヘルニアです。9か月未満の時点ではまだ経過観察でいいとされていますが、小さい子供が発症する鼠経ヘルニアはとても難易度の高い手術になるため、経験を多く積んでいる医師に託す必要があります。

広告募集中